Akira - Kanagawa, Japan

Japanese
ええ、ビジネスの際何を着るべきかという質問ですが、相手に不快感を与えないということが一つのポイントだと思います。確かに研究所や工場などエンジニアの方が相当すると思うんですけれども、外部との接触があまりないようなところでは、カジュアルな服装が許されているという場合も多々ありますが、一般的には、スーツ、ネクタイ、それから、革靴といった、そのスーツ、ネクタイに適した靴ですね、これを身につけるというのが適切な方法ではないかと思われます。例外として、近年、「カジュアル・フライデー」といって、金曜日にはカジュアルな服装をして仕事をしても構わないというような例もありますし、あるいは、「クール・ビズ」といった形で、真夏の間にはですね、ネクタイをつけなくてもいいというような動きが日本の世の中に今普及してきていますけれども、これらは逆に言うと例外というふうに考えられまして、それを逆の意味をとればですね、スーツ、ネクタイ、ワイシャツといったことが適切であるということの表れではないかというふうに感じられます。で、現に東京ではですね、真夏の炎天下、四十度近辺の気候であっても、現にスーツの上着を着たままですね、歩いているビジネスマン、ビジネス・ウーマンを多々見かけることができます。で、実際に私も営業でいろんな商談に赴くんですが、必ずその際には上着、ネクタイ、ワイシャツ、革靴を着用して商談に出かけていっております。

English
Well, regarding the question of what to wear in business occasions, I think the point is to not make the other feel uncomfortable. I think this may surely apply to engineers at a research laboratory or factory, at places where there are seemingly not many contacts with the outside. There are many cases where casual clothes are permitted. However, in general, we wear a suit, necktie, and leather shoes, shoes that match with the suit and necktie. I think wearing these is appropriate. The recent exception is what is the so-called “casual Friday.” This is an example in which it is alright to work in casual cloths if it is Friday. Or nowadays, there is a movement called “cool biz,” which is to say that it is OK to not to wear a necktie in the summer, this is becoming more popular in Japanese society. Still, these are considered as exceptions. Considering the flip side, I feel that what's more appropriate is a suit, tie, and shirt. And, in fact, under the hot sun in Tokyo, we still often see a businessman or a businesswoman who are still wearing a suit jacket even though it is around 40 degrees. I also go out for various business sales meetings and on these occasions, without fail I also go out in a jacket, necktie, shirt, and leather shoes.

Return to General Topic: Clothing and Dress
Return to Japanese Topic: Clothing and Dress