Akemo - Chiba, Japan

Japanese
えっと、通訳を交渉促進のために使った方がいいと考えられる場合というのは、私自身が多分通訳だからなんでしょうけれども、全て大事だと思っています、必要だと思います。で、もちろん本当に、本当に流暢に、例えば対相手が英語を母国語とする方で、こちらサイドが例えば日本人で、本当にその日本人サイドがもうとても問題なく英語がわかる、ニュアンスの細かいところまでわかる、あるいは逆に、英語が母国語の方が本当に問題なく日本語を流暢に話せるんであれば、オッケーだと思うんですけれども、どうしても、話が交渉の際にどんどんどんどんこうやっぱり、流れってあるじゃないですか、その会議の中、交渉の席の流れとリズムの中で、それを崩したくないがために、ちょっと今わからなかったなあっていうところがあっても、それを後でちょっと埋め合わせしていこうとか、そういうふうな気持ちってどうしてもやっぱり働くと思うんですけれども、それは通訳をしてても、ああそういう瞬間があるなこの人達、例えば英語だけでばっと話が、通訳をちょっと外して話が進むとそれを感じる時が多々あるんですけど、そういう時って、だいたい後でちょっとしたずれが必ず生じるんですね。ですから、そういう流れという意味でも、確かに煩雑さはあるかもしれない、で、そのリズムでも通訳を入れるって、いくリズムっていうのも会議の中でも必ずあるので、それをうまく利用した方が、最終的にはその時はとても長いプロセスに感じても、やっぱり後々最後にはそのほうがすっきりとしていくんではないかなと私自身は考えています。

English

Return to General Topic: Use of Interpreters
Return to Japanese Topic: Use of Interpreters